英検Jr.(2) オンライン版のほうがいろんな意味でよかった。【おうち英語】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英検Jr.オンライン版とは


英検Jr.オンライン版とは、その名の通りもともとペーパーテストしかなかった英検Jr.のオンライン(WEB)版です。


英語をもっと身近に感じ、『子どもたちに英語の楽しさをもっと知ってほしい』という願いをこめて作られたということで、「ドリル&ゲーム」「もぎテスト」といったこどもが楽しみながら学べる工夫や、1人ですすんで取り組める工夫が盛り込まれています。


特におうち英語に取り組まれているご家庭では、3才くらいから英検Jr.を受けることもあると思うので、オンライン版でないと実際受験するのが難しいと思います。


ペーパーテストのほうは、基本的に教室などの中でママと離れて受けなくてはなりませんが、小さい子は親が近くにいない状態だとテストどころではありません。


ママが横にいながら家で受けることができるオンライン版でないと、なかなか最後までテストをやり切ることが難しいというわけです。


英検Jr.オンライン版の特徴


1.おうちでいつでもテストを受けることができる。


2.テストだけでなくリスニング学習もできる。


3.小学校の英語活動を意識した内容になっている。


4.ゲームでは間違えた問題が優先的に出てくるシステムになっている。


5.テスト後に個人成績表と成績証明書が届く(ペーパーテストのものとは異なる)。


おすすめポイント


いつでも自宅でテストを受けることができる。


なんと言っても自宅で受けれるメリットが大きいです。


こどものことなので、当日体調が悪くなったり、気分が乗らなかったりしても、有効期間3ヶ月内であれば受ける日を変更することができます。


ペーパーテストの場合は外出しないといけないし、キャンセルすることになっても次回以降への変更もできません。返金もなしです。


テストだけでなくeラーニングもある


ただテストを受けるだけでなく、eラーニングがあります。


当然と言えば当然ですが英検Jr.の内容に沿った内容になっています。


勉強勉強した感じではなく、楽しみながらリスニングが見につくようなプログラムになっていて、こどものペースで多くの英語を聞くことができるようになっています。


最近こういう楽しみながらいつの間にか学んでるっていう教材がいろいろ出てきてます。


進捗確認しやすい


こどもの学習進度が「トータル・パワー」や☆の数で反映され、こどもの学習がどこまで進んでいるかをその都度確認がすることができます。


目標設定がかんたん


「トータル・パワー」という達成度数値があり、自分がどれだけやったかをリアルタイムでパーセンテージで確認することができ、到達目標への達成感を味わうことができます。


語彙の増強が期待できる。


語彙の基盤をつくる手助けになる。


ドリルでたくさんの語彙や表現を聞き、ゲームできちんとかつ楽しく点検をすることで、計画的に確実に学習が進んでいく。


市販されている多くの単語帳に付属する音声教材が、単語の発音だけを読み上げているのとは違い、すべて身の回りに起きると想定されるコミュニケーションの中で語彙を活用できるように意識して作られています


小学校英語と中学校英語を橋渡しできるような楽しい仕掛けがたくさん散りばめられている。


オンライン版の料金


テスト


ブロンズ 2,300円(税込)


シルバー 2,500円(税込)


ゴールド 2,700円(税込)


eラーニング


ブロンズ、シルバー、ゴールド全て同額です。


1ヶ月、2,000円(税込)


3ヶ月、3,900円(1,300円/月)(税込)


6ヶ月、6,000円(1,000円/月)(税込)


フルパック(eラーニング+テスト)


ブロンズ


1ヶ月、3,900円


3ヶ月、5,400円


6ヶ月、7,300円


シルバー


1ヶ月、4,100円


3ヶ月、5,600円


6ヶ月、7,500円


ゴールド


1ヶ月、4,300円


3ヶ月、5,800円


6ヶ月、7,700円


保護者の体験談


「小学校2年生で、質問の内容が会場のペーパーテストではまだ理解するのに難しいかと思い、英検 Jr.はまだ先の話だと思っていました。

しかし、英検のホームページ上でテストのお試しがあり、マウスをクリックするだけで良かったので、2年生でも出来ました。

日にちや時間を選ばす、やれる時にテストを自宅で受けられるのでとても助かりました!!」

(8歳 男の子のお母さん/ブロンズ テスト)

英検Jr.公式ホームページ


「息子は単語の音声に続いて発音するなどラーニングを楽しんでいました。

テストは約30分の時間も集中力が切れることなく受験している様子に感心しました。

結果は正答率97%!

すぐにシルバーフルパックを購入しました。」

(5歳 男の子のお父さん/ブロンズ フルパック)


「テストを受けてみて、子供の能力はすごいと今回きづきました。

耳から聞き、意味も把握しているのにはびっくりです。

途中聞き耳を立てて聞いていましたが、こんなものもわかるのか!と思いました。」

(9歳 女の子のお母さん/ブロンズ フルパック)


「4歳の息子が英検 Jr.を受験するにあたり、市販のテキストや練習問題集でなかなか良い物が無いと感じていました。

そこで英会話サークルでこのシステムを聞き、沢山の練習問題が出来るならとフルパックを購入しました。

沢山の単語を覚えられる他に、パソコンでゲームを楽しめるということが本人のやる気を一段と高め、毎夕食後には「パソコンやる~!!」と張り切っていました。

英語の勉強ではなく、英語で遊ぶということを実に楽しく出来たと思います。

そのお陰か、会話の問題は模擬テストでかなり正解率を高め、検定では会話においては満点を取ることが出来ました。

シルバーを合格した今もまだ夕食後の楽しみとして問題やゲームを楽しんでいます。」

(4歳 男の子のお母さん/シルバー フルパック)

こどもたちの声


「最初はパソコンで英語なんてできるのかな?と思っていたけど、やってみるととても楽しく覚えやすい!と思いました。

私も英語を習っていたけど、よくわからないし、楽しくないのですぐにやめてしまいました。

でも、この英検 Jr.は楽しくてわかりやすいので、何日でも続けられます!」

(10歳 女の子)

英検Jr.公式ホームページ


「はじめは英語が苦手できらいだったのですが英検 Jr.をやって英語がとても好きになったし、英語がしゃべれるようになりました。

一番楽しかったのはボーナスゲームです。

ポイントをためてゲームをするのが一番楽しかったです。」

(10歳 男の子)


「ドリルで全部聞き終わったらその単語についてのゲームがでるからわかりやすくておもしろかった。」

(12歳 男の子)


「私は最初から英会話教室に通っていましたが、パソコンで知らなかった単語を聞いてとてもうれしい気持ちになりました。

単語を聞くだけでなく、ゲームもできて良かったです。」

(12歳 女の子)


やる気継続のためのちょっとした工夫


お勉強という言葉を使わずに、「ゲームしようと声をかける」と一緒に遊んでもらえると思うようで、喜んでやる。


例えばおやつの後に30分とか1シチュエーションなど、取り組むタイミングや時間を決めて毎日取り組む。


シールを貼るための紙を用意して、1日取り組むごとに丸いシールを貼らせてあげる。5つ目にゴージャスなシールを貼らせてあげて、10個目にプチギフト。


ゲームで出てきた単語やフレーズを日常会話に取り入れ、親も出てきた英語を使っている状態を作る。


パソコンの操作などをお姉ちゃんが妹に教えてくれるよう、「妹のために先生になってねと言う。」と言うと、張り切ってやってくれる。


「th」や「f」など口の形を親が見せてあげて分かりやすいものは、親が発音しているところを子どもに見せて教える。


無理強いせずにできた時に「できたね。」と褒める。

英検Jr.を受けようと思っている方はぜひオンライン版で受験してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする