知り合いのおうち英語の話-2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知り合いのおうち英語の話-1の続きです。

この知り合いのママもそうだし、その他のおうち英語ママと話しててもみんな同じだな~と思うのが、このやり方で合ってる?このまま続けていいのかな?間違ってないのかな?っていう不安

それぞれ手探りで、最近は実践してるママ達のブログがたくさんあるけど情報に流されまくり状態で、何が正しいんだか分からないっていう話になりました。

おうち英語って基本ママひとりでがんばるから結構いやかなり孤独なんですよね。

最初はやる気まんまんだけど、いつの間にかやる気の炎が消えかかってたりとか。

そのママはまだ消えかかってはいなかったけど、おうち英語って結構地味で地道で、成果が目に見えなくて行きづまることも多くてと、自分の経験だったり、みんなこの道を通ってるよという話をしました

それ以外では、語りかけしたくても英語で何て言えばいいか出てこないっていう話。

このママはある程度英語できるようだけど、それでも全部言えるわけじゃないし、子供向けの言い回しがわからないと悩んでいるんだそう。

私なんて分からなさ過ぎて、調べたい表現を紙やホワイトボードにメモして夜な夜な地道にネットで調べてました。それをノートにまとめて見返せるようにしたり。

フレーズ集も買って読んでたけど、そこに載ってない表現って結構あるんですよね。

それに子供が小さい間って昼間は世話に追われて自分の時間なんてないです。

あとこのママから質問されたこと。

「いつ読み聞かせをしてるんですか?」

「日本語絵本と英語絵本の読み聞かせの割り合いってどれくらい?」

私の場合は読み聞かせをするのはほぼ寝る直前のベッドの上でした。

日本語と英語の割り合いはその時どきで変わってたから一概には言えない。

ただ英語の読み聞かせ量が増えたからといって、日本語の読み聞かせ量はできるだけ減らさないようにしてました。減らすべきでないと考えてたから。

実際には減ることをあったけど、減らすべきでない、母国語のほうが大事というのが常に頭の中にあったという感じですね。

なんか脈絡もなく思い出すがままに書きましたが、こんな感じで肩の力を抜いた記事もちょこちょこ書いていければと思います。

何か一つでも読んでくれた人の役に立てれば、このブログを始めた意味があるので。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする