おうち英語のインプット2000時間てなに?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おうち英語をやり始める時によく耳にすることの中に、インプット2000時間というのがあります。

2000時間はこのため

これ最初は何のための2000時間なのかよくわからなかった方もいるかと思いますが、これは要するに英語耳ができ発話が出始めるまでの目安となる時間ということです。

【Sponsored 広告】
子供も大人も楽しめるプログラミング教育教材【embot】プログラミングおもちゃ

どれくらいで達成する?

一日の平均インプット時間ごとに2000時間達成まで何年何ヶ月くらいかかるかざっと計算するとこんな感じです。
1日平均1時間:約5年半(約66ヶ月)
1日平均2時間:約2年9ヶ月(約33ヶ月)
1日平均3時間:約1年10ヶ月(約22ヶ月)
1日平均4時間:約1年5ヶ月(約17ヶ月)
1日平均5時間:約1年1ヶ月(13ヶ月)
1日平均6時間:約11ヶ月
1日平均7時間:約9ヶ月半
1日平均8時間:約8ヶ月
1日平均9時間:約7ヶ月半
1日平均10時間:約6ヶ月半

8時間以上となると、小さな子供が起きてる時間全て(お風呂、おトイレ、お昼寝等除きます)って感じですね…ネイティブ並みかも。

ま、ネイティブと言えど1日中話してるわけでもないでしょうけど。

2000時間のカウント方法

どのレベルのインプットをカウントするかは、人によって個人差があると思います。

例えば、余計な音を消してきっちり英語のみのかけ流しや語りかけした時間だけをカウントする几帳面な人、反対に子供が他のことやりながらでも英語が耳に入ってるかけ流し時間をとにかくカウントする人などなど。

私としてはあまりきっちりでなくても、ゆるめのカウントでいいと思っています。

子供って聞いてないようで聞いてます。おもちゃで遊んでるのにかけ流してる英語の歌を口ずさんだり、聞いてないと思っていたフレーズが発話で出てきたりもします。

それにきっちりやり過ぎると、2000時間があまりに遠い目標になりすぎて気が遠くなりますよね。挫折してしまっては意味がありません。続けることが大事。

私の周りのおうち英語を実践してるママ達はほぼゆるめのカウントです。

そもそも2000時間達成したからといって、それでインプットが終わるわけでもないです。

その後もカウントこそしなくても3000時間、4000時間とインプットは続いていくわけです。

上の表にも1日平均と書いた通り、毎日コンスタントに決めた時間インプットするなんて、ただでさえ大変な子育ての中で不可能と言っても過言ではありません。

実際、時間数を数えていても途中ではっきり分からなくなってざっくりカウントのママも多いはず。

大体1日何時間でスタートから何ヶ月くらい経過してるから、かけ算したら何百時間くらいだなという感じ。

全くできない日もあれば、長時間できる日もある。上の表はその平均が何時間で何ヶ月くらいかかるのかという話です。

まとめ

ちなみに私は多い日は1日中音源をかけ流したり、動画を見せたりしていました。おそらく10時間くらい。お出かけする日は1時間未満のこともありました。
車での外出時はカーナビで何かしらかけ流したりDVD見せたりしてインプット時間を稼いでいましたけどね。

というわけで繰り返しになりますが、2000時間のインプットというのは、英語耳ができ発話がでるまでに必要な時間であるということです。

【Sponsored 広告】
英会話では学べない本物の英語を。オンライン・インターナショナルスクールGlobal Step Academy

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする